ビジネスの開発コスト

ビジネスに関わる開発

ビジネス上の開発のバランス

ビジネス上の既存事業と、新しい商品やサービスの開発を進めていくバランスについては、複数の分野の柱を育てていく観点から慎重に考える必要があります。ビジネス上の主な柱が1分野しかない場合は、その事業分野の売上が何らかの要因で落ち込んでしまった場合に、元の水準まで回復を図るのは相当難しくなりますので、そのような事態に陥る前に、早急に新しい分野の商品やサービスを育てておく必要があります。ただし、開発にはかなりの費用が必要となってきますので、既に複数の分野に柱が育っている会社の場合は、あまり費用をかけない範囲での対応を考えていく必要があります。

開発が必要なビジネスとは

開発が必要なビジネスはたくさんありますが、中でも日本の場合は飲食業をもっともっと開発して改善していくべきではないかと考えます。現状の飲食業は現場の声が本社にうまく届かずに、意思疎通が上手にできていない傾向にあります。せっかくの改善案もなかなか現場に来れない人にはその思いが届かずにもどかしい思いをしている人も多いです。このため、リアルタイムで現場の状況を把握できるようなカメラを各店舗に配置し、本社にいながらでも把握できるシステムを構築することで、より流動的なビジネスとしての飲食業が構築できると考えています。

↑PAGE TOP